仮想通貨のリップルが注目されています。

どのような通貨なのでしょうか。

その前に仮想通貨と取引について説明しましょう。

仮想通貨と一般の通貨の違いは、国際的に認められた国が決めた通貨ではなく、ひとつの会社が発行している通貨である点です。

もちろん、世界中にインターネット網が広がっていますから、通用の通貨のように物理的な形を持っているわけではありません。

つまり、発行のための造幣局などは必要なく、プログラム上で存在すればいいだけです。

そのため、単独の会社でも仮想通貨を発行することが可能となっているのです。

リップルの取引が注目されているのは新しく登場したこともありますが、その取引にはメリットがあるからです。

具体的な取引の方法を紹介しましょう。

例えば日本円をドルにする場合には証券取引所や銀行などで手続きをしなければなりません。

その際に手数料を払いますが、円とドルの交換比率の変化によって利益を得ることができるのです。

これをインターネット上で積極的に行っているのがFXと呼ばれる取引であることは良く知られているでしょう。

さて、リップルも同じような性質を持っていますが、取引を行うためには取り扱っている会社とその信頼性が重要なポイントになります。

つまり、誰も使わなかったり、運営会社が倒産したりしてしまえば、リップルの価値は急激に低下し無価値となるリスクがあります。

ただ、それはビットコインなどで同じですから、リップルだけの特徴と言うわけではありません。