リップルが通貨であると言う考えを否定する意見もありますが、実際に仮想通貨として売買されています。

日本国内でもリップルの売買ができます。

取引所があるからです。

ただ、リップルは一つの会社で使われている単位ですから、その会社が倒産してしまえば通貨としての価値がなくなります。

もちろん、一般の通貨も同じですが、その可能性は大きく異なっているでしょう。

実際の取引所ではリップルの相場やチャートを見ることができます。

貨幣としての実体はないとしても、売買ができれば投資対象となることを意味しています。

世の中には潤沢な資金を持っており、何らかの投資対象を求めている人たちがいるのでしょう。

一般市民には理解できないことです。

ただ、リップルの取引は誰でも気軽にできるような表現がなされているため注意が必要です。

単なる貯金と投資の違いを理解して、そのリスクがどれくらいなのかを知らない人は投資に手を出すべきではありません。

FXなどで豊富な経験を持つ人がリップルの売買を検討しています。

相場があり、それなりに変動していれば投資の対象となるでしょう。

その実態があってもなくても同じことなのです。

もちろん、実体がない分だけリスクは高くなりますが、それを理解している人なら何の問題もありません。

リップルはリップル社のシステムで使用されている仲介通貨ですから、一般の市場に出回ることはありません。

それでも注目を集めているのは理由があるのでしょう。