仮想通貨の販売をしている店舗を収集、お買い得な価格で取り揃えています。

↑フリーメーソン最高階位(33階位)のシンボルマーク
この8月21日にアメリカで皆既日食が見られます。

きれ~いにアメリカ合衆国を横断するというので、非常に珍しいそうです。

皆既日食がこのようにアメリカを横断するのは、1918年以来、なんと99年ぶり!!
また、によれば、以下の点で特別なんだそうです。

(下記は上記のサイトより抜粋)———————————-

・この皆既日食は「アメリカだけ」で観測され、アメリカを「完全に横断」する

・人類史上で「最も多くの人々が観測する」予定となっている日食であること

・2017年は2月にも金環食が観測された

というようなことがあり、さらには、これは公的にはどうでもいいことなのですが、今年は2つの完全な日食(金環食と皆既日食)が観測される年となったのですけれど、

・2017年の、この「2つの完全な日食」は「どちらも33度線を通過」していく

ということが個人的には感慨深いです。

—————————————————-
とまあ、このように珍しい今回の皆既日食。

それに合わせ、ネットのあちこちで、いわゆる終末論がささやかれています。
特に、さきの「In Deep」のサイトで、”2017年の、この「2つの完全な日食」は「どちらも33度線を通過」”とありましたが、今回の皆既日食の33日後といえば、9月23日ですよね。

この今年の9月23日について、興味深い動画を見つけたので、ご紹介します。
(2015年に過去記事を書いた時も、9.23という数字が、TVや映画の場面にでてきたので、9月23日に何か起こるのではとトュルーサーたちの間で噂になっていた。→)

「2017年9月23日の事を3分で説明!ヨハネの黙示録・12章の「しるし」、あなたが2017年9月23日について知っておくべきこと。」
「September 23rd 2017 in 3 Minutes! The Revelation 12 sign What you NEED to know 9 23 2017」
上記の動画を要約するとこんな感じ。

今年の9月23日に、2000年前の預言書、「ヨハネの黙示録」で言われたように、太陽と月と星が一線上に並びます。
「ヨハネの黙示録」

(下記は上記のサイトより抜粋)
”第12章

12:1また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。

12:2この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。 ”
この黙示録に出てくる女とは、おとめ座のことであり、この9月23日に、太陽がおとめ座の肩のあたり(服の意味)に位置し、月がおとめ座の足の下に位置します。

また、おとめ座の頭上には12個の星、つまり、しし座の9個の星、そして水星、火星、金星の3個の星が位置するのです(冠の意味)

そして、木星が、おとめ座の腹部のあたりに位置し、その腹部のあたりを、9か月間(注:西欧では妊娠期間は9か月間とされる)行ったり来たりし、ついにはおとめ座を出ます。

これが、黙示録でいうところの「この女は子を宿しており、産みの苦しみと・・・」にあたるというのです。
↑太陽と月と木星、水星、火星、金星、そしてしし座の一つの星が一線上にきれいに並ぶ。
ダニエル書には、こう書かれています。
ダニエル書

(以下は上記のサイトより抜粋)

”12章
12:8わたしはこれを聞いたけれども悟れなかった。わたしは言った、「わが主よ、これらの事の結末はどんなでしょうか」。
12:9彼は言った、「ダニエルよ、あなたの道を行きなさい。この言葉は終りの時まで秘し、かつ封じておかれます。”

聖書が描かれたころの人たちにはきっと”理解できなかったこと”でしょうが、今ではネットで簡単に星の動きを調べることができます。(つまり、今は終末の時?)
創世記の始めにも、”太陽と月と星のしるし”と書かれています。

また、イエスは、自分が戻ってくる時は、太陽と月と星のしるしが見られるだろうと、使徒たちに語っています。

(下記は上記のサイトより抜粋)

”21章

21:25 また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、・・・”
まるで、近年の世界情勢みたいでは・・・

————————————————-
世界が終わるというのはたぶんないと思ってますが、昨今の世界経済、軍事情勢など見ると、結構きな臭いですよね。

でもこれが、聖書の言う通り自然の流れというか、本当に偶然/奇跡で起きてるものであったら、それはそれで怖いけど、救世主が来て(?)、丸く収まるとは思うのですが(全くの予想ですけど)、難儀なのは、ヤツラ(グローバリスト、国際銀行家、軍産複合体、フリーメーソンやイルミナティなどと呼ばれる世界を操る闇の支配者)が、聖書の預言どおりに、自ら終末を起こそうとしてるんじゃないかということ。

何か世界を揺るがす大きな出来事を起こして、そこに自分たちが仕込んだ救世主を持ってくる。
(ホログラム技術などを使ってUFOを上空に出現させて、救世主は異星人だったと思わせるお芝居。いわゆる、ブルービーム計画の実行か?)

聖書を信じてる人々は、まずそれが偽物の救世主とは疑わないでしょう。

で、世界乗っ取り終了!!な~んてシナリオなんじゃ??

というのも、さっき出てきたゾロ目の33という数字。
(ヤツラは西欧における数秘術を用いてるとも言われる。日本でも数霊(かずたま)とも呼ばれるように、数字には意味があるとされる。)

これは、フリーメーソンの最高階位(=イルミナティ?)の数字です。

で、彼ら(最高階位)のモットーは、「混沌から秩序を」(英語では”Order Out Of Chaos”、ラテン語では”Ordo Ab Chao”)であり、歴史的に何か出来事を起こしては、自分たちの好きなように世界を構築してきたからです。

また、
()

今回も、ヤツラ、何かやる気なのかもしれません・・・

世界経済崩壊?
(過去記事:)

世界戦争?

それとも、自然災害?
しか~し、そうは問屋が卸さない。

というのも、トランプが大統領になったことで、世界のパラダイム・シフトが起きたともいわれているからです。
陰陽太極図(現在のパラダイム・シフトは反転の法則?)
反転の法則により、ヤツラと私たちの立場が逆転するのか??
(過去記事:)

ああ、もうこうなったら、神頼みしかない!!

ということで、毎日、神様、仏様に拝んでます・・・私・・・
関連記事:

かわいい仮想通貨

私は仮想通貨投資を始める前は

株式投資とFXがメインでした!
今の安倍政権になる時には
かなり良い思いをさせてもらいました!
安倍さんが「円安にして株価を上げます」
という感じだったので
それを理解した人達はみんな良い思いをしたと思います。
2013年の初めの頃は
今なら簡単に稼げる!!という事で
FXでも株でも新規参入が一気に増え
すごい盛り上がりで
チャットやネットなどでも
皆が変な高揚感で投資をしているなと思ったのを今でも覚えています。
でもそれがバブル状態という事なのかなと感じました。
そして仮想通貨は今年の4月からバブルに入りました。
新規参入者が増えて
価格が急騰し
億り人と呼ばれる
仮想通貨での億万長者が多数生まれました!
そして更に新規参入者が増えていく!
という流れに入りました。
一時的な乱高下はあっても
世界中からの資金が集まり
まだまだ価格の上昇は続きそうです。
今の日本の株式市場などは落ち着き
短期で素人が稼ぐことは難しくなっています。
しかし仮想通貨投資では
20代の若者から、ごく普通の専業主婦までもが
簡単に利益を出す人々がいる。
これはやはり仮想通貨バブルの最中です。
これが今後どうなって行くかわ誰にもわからない事ですが、
ただインターネットの世界がより重要になっていくこの世の中の流れをみれば
仮想通貨が急激に広がるということは
決して驚くことでは無く
むしろ自然な流れだと私は思います。
インターネットで世界各国の人々が繋がり
より急速にグローバル社会が進み
人口知能の向上と共に
インターネットという革命児の権力は
更に向上するでしょう。
そんなインターネットの世の中で
デジタル通貨で世界が取引をすることは
シンプルに当たり前のことではないでしょうか。
今後どうなるかわからない分
仮想通貨には伸びしろがありすぎて
投資というか、
ネットビジネス
という観点から見ても
かなり魅力的で面白いと思いと感じます!
皆さんはどう感じてるでしょうか??

公式LINE@を友達追加して最新有益情報や登録の質問をしよう(^^)
コインチェックを登録していない方はこちらからどうぞ(*^^*)
今話題の取引所ザイフはコチラ!