ついてるね☆仮想通貨

 

 

テーマ株とは市場の注目を浴びる事で買われやすい業種株の事を言います。

上手い人はこういう銘柄に飛び付くのが上手いです。

 

 

 

 

世界的な内燃機関系エンジン将来的な廃止報道を受け

電気自動車EVに関係するリチウムイオン関連がテーマ株として動いています。

 

人工知能も自動運転関連

 

防衛は北朝鮮リスク

 

仮想通貨はビットコイン等の人気

 

ソーシャルゲームは底打ちから東京ゲームショーに向けてか

 

ワイヤレス充電は新iPhone憶測

 

半導体は根強い業績向上狙い

 

インバウンドはお盆期間の来日観光客記録更新から

 

 

 

戸田工業は電池の正極材で人気化していますね

 

 

 

9478 SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ

 

ここも買われても良いのに(´;ω;`)夢のシリコン負極材は….

今何かニュース出たら戸田よりぶっ飛ぶんですが

 

素直に戸田握ってる方が正解かなw

 

電気自動車にリチウムイオン関連はまだ人気続くと思っています。

 

 

イスラエルで仮想通貨が流行っているらしいが

某方のメッセージです

 

 アメリカで民主党がトランプ大統領弾劾法案を起草開始
⇒その理由は……:

 ─世界は3つの構造から成っています。
  「表の世界」「裏の世界」「闇の世界」です。

 ―マスメディアが報じるのが「表の世界」です。
  対して「裏の世界」とはインターネットの世界です。

 ―これらに対して物事を動かす本当の世界
  これが「闇の世界」であり、さらに突き抜けると「光の世界になります。

 ―マスメディアが報じていることが全てではないのです。むしろ実態はもっと深層にあります。

 ―「このこと」をつかんでこそ、初めて真相が見えて来るのです。 「ものごとそのものの世界です」

アメリカで民主党がトランプ大統領弾劾に向け動き出しています。そのための法案を起草し始めていると報じられています。

一層高まりつつあるアンチ・トランプ熱。
米軍高官までもがこれに加わり始めています。

一触即発です。あるいは絶体絶命です。
本当に弾劾されそうにも思えます。

しかしそうなのでしょうか。

大切なことはただ一つ。トランプ米大統領は「闇」でも「光」でもないということです。

それでは本当はどこにそれらはあるのか。
アメリカの真実とはどこにあるのか。

分かり・・・ますか?

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

フィンランドでイスラム・テロが発生
⇒その理由は……:

 ─「これから起きるのは日本バブル第2弾である」
  これが基本的な分析ラインです。

 ―すなわち円高基調の中で我が国固有の資産バブルが発生するのです。問題は「なぜそうなるのか」なのです。

 ―実際の理由はかなり深遠なものです。
  しかし表向きの理由は必要です。

 ―そしてその「表向きの理由」は“安全性”なのです。他の諸地域と比べてはるかに「安全・安心」なのです。

 ―だからこそ我が国が選ばれるのです。そのことを・・・一番知らないのは私たち日本人なのです。

フィンランドでイスラム・テロが発生しました。
通常ならば考えられないことです。

穏やかなスカンジナビアも巻き込まれています。
スペイン・バルセロナの惨事が未だ記憶に新しいのです。そうした中での発生なのです。
欧州にとっては相当なインパクトとなっています。

翻って考えるとアメリカも大変です。
「内戦」になりかけています。

アメリカ、欧州がそれぞれ不安定になる中、我が国はどうか。・・・自ずから明らかなのです。

「何故、我が国が選ばれるのか」
発想の転換が必要です。

そしてそれを透徹出来た者のみに、未来はやってくるのです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 ビットコインの更なる高騰可能性がドイツで報道される
Warum der Bitcoin-Kurs auf 6000 Dollar steigen konnte

Bitcoin-Hype und kein Ende: Wie hoch steigt der Kurs der digitalen Wahrung? Immer neue Prognosen sehen immer hohere Kurse voraus ? gleichzeitig wachst die Furcht vor einer Blase. Belastbar sind viele Schatzungen

⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」  マーケット、そして自然(じねん)、宇宙をも律する復元力の原則です。

 ─一方向に上がることはないのです。
  同時に下がり続けることもないのです。

 ─必ず作用は反作用を呼びます。
  そのことが鉄則なのです。

 ─急激な作用は急激な反作用を招きます。
  急騰は暴落を招くのです。

仮想通貨「ビットコイン」について云々され始めています。「相当程度、高騰する」とドイツでは報じられているのです。

未来のことは誰も分からない、と誰しもが言います。
しかし一つだけ確かなことがあるのです。

「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」ということ。このことはいかなる状況下でも貫徹されます。

今回もまたそうなのです。急騰は一体何をもたらすのか。あなたには、見えますか?